アクセスカウンタ

<<  2016年1月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


ちょっと ・・・ 横浜市歴史博物館へ ♪

2016/01/22 15:30
横浜市の南西端にあるわが家から、横浜新道→第三京浜を使って横浜市北部にある横浜市歴史博物館まで、

平日の昼間 約40分で到着し、帰りはわずか30分ちょっとでした。

今度の日曜日、この横浜市歴史博物館で行われるイベントを聴講するのですが、

一度も行ったこともなく、調べてみると隣接する大塚・歳勝土(さいかちど)遺跡公園が、いかにも魅力的なので、

下見を兼ねてちょっと散歩してきたというわけなのです

画像


展示されている見事な縄文土器の数々
画像

画像

画像


縄文後期の人面付き土器。
画像
いったい何に使われたのでしょう


縄文貝塚から出土した貝。
画像


その他にも、時代に沿って横浜の歴史が手に取るようにわかる展示がされています。
画像



そして気になる遺跡公園へ行くのですが、

なんと、博物館の屋上から橋を渡って行けるのです。
画像

画像


竹林の中を登って行くと、すぐ ・・・
画像


驚くべき光景に出会います

竪穴式住居発掘跡で遊ぶ子どもたち
画像


再現された住居あとでも ・・・
画像

『 ただいまぁ〜っ!』 って感じで竪穴式住居へ入って行く子ども
画像


向こうに見える高層マンション群。
画像


駐車場は館内と近隣にありますが、
画像

最寄りの駅(センター北)から歩いて5分の好立地にある恵まれた博物館ですので地下鉄が良いですし、

ぜひ一度、ゆっくりと散歩に行かれることをオススメします



・・・ 気になったのは、わたしと館内の案内係の女性との会話。。。

『20年も前に出来ていたのに、一度も来たことがありませんでした。』


『そうですね、横浜市民でも来たことのない方は多いと思います。』


・・・ んっ  それじゃぁ ダメじゃん    








記事へトラックバック / コメント


2016年 三崎朝市 初市式 ♪

2016/01/10 07:55
今年 最初の三崎朝市へ行ってきました。

挨拶をされる三浦市長・吉田英男さん。
画像


三崎朝市共同組合 新理事長の山崎さん。
画像

山崎さんと言うと、夏の間の朝市で美味しいメロンジュースを飲ませてくれる、

あの山崎農園さんなのかな?


そして、新理事長の挨拶を、

うしろで感慨深げに聞く 土山前理事長の表情のなんて素晴らしいこと
画像

わたしは、朝市でも、夏の夜市でも気さくに話してくれた土山さんが大好きです。

長い間、ごくろうさまでした。 & ありがとうございました




しかし ・・・

しかしです! この式次第はイケマセン
画像


どんなセレモニーも、式次第によって何倍にも盛り上がり 格調高くなるものだということが、

わかってない

来年は、わが家で書いてお届けしようかと思っております。もちろん超格安で

。。。ご連絡をお待ちしております。



ところで、式次第の陰に見えるのは、地元選出の県会議員・

石川たくみさん

元気いっぱいの大きな声で 上手に三崎・三崎朝市を紹介される様子は、

地元愛に満ち、若々しさにあふれ、三崎の町の新しい夜明けを予感させるに十分なものでした

今後のご活躍をお祈りしています。



ところで買い物は、青木農園さんのトマトと野菜。
画像


他に、シラスを少しくらいで、

毎度、くろば亭のマグロもつ煮込みをいただいただけでした。


画像
年末マグロビッグセールの抽選会の賞品



今年も、どんどん楽しい三崎朝市になりますように ・・・

期待しています






記事へトラックバック / コメント


長尾台の ・・・ 長尾定景が見せてくれたもの ♪

2016/01/06 14:08
石橋山の合戦で頼朝側の「佐那田与一義忠」を討ち取った人物と、

大イチョウの前で源実朝を殺害した「公暁」の頸を取った人物は同一人物

それがまさに長尾台の長尾定景です。



・・・ というわけで、昔の写真を探すより行った方が早いので、

そそくさと「長尾台」へ。



長尾台ってどこよ   という声が聞こえて来そうですが、

大船観音から北西方向へすぐの 丘続きの場所です。

  (この丘続きってところがポイント!)

柏尾川沿いから細い道を上ると。。。
画像

その看板が見えて来ます。

ご面倒でも、ぜひ ご一読ください。
画像


1180年石橋山の合戦(源頼朝が旗揚げしたあと早速負けたあの合戦)で、

頼朝を護っていた佐那田与一義忠を討ち取ったのが、長尾台の長尾定景

そして、

1219年1月、三代将軍源実朝を殺害した別当公暁を討ち取ったのも、長尾台の長尾定景なんです

なんと!頼朝の寵臣(ちょうしん)を討った武将が、晩年頼朝の子の仇を討つ

長尾定景の生年は不詳とされていますが、仮に石橋山の合戦当時20歳であったとしても、公暁を討ったときにはほぼ60歳。

当時の平均年齢は30歳にも満たないというのが定説ですし、

世間の誰よりも分別盛りの年齢に達した長尾定景が、老骨に鞭を討ってその使命を果たしている。


敵が味方に寝返ったり、味方が裏切るなんてのは、今も昔もよくある話しかもしれませんが、

たとえ寝返った後でさえ、ここまで主君に忠を尽くす姿には、感動さえ感じます


写真は、長尾台の北側・県道23号原宿六ツ浦線から田谷の洞窟のある常泉寺方向を見た図です。
画像

見た通り写真の右側は、柏尾川の河川敷。

鎌倉時代の少し前までは、この辺りは「川」というよりは「入り江」と言った方がふさわしいくらいでした。

長尾台には長尾定景の砦があり、田谷の洞窟辺りは和田義盛の子・朝比奈三郎義秀の砦があり、

少し離れた(今の清泉女学院のある)玉縄も、いずれ北条早雲の砦(城)となるわけですが、

玉縄城が築かれた1513年当時でさえ、柏尾川から相模湾まで船を繰り出すことが出来たといいます。


ついでと言ってはなんですが、材木座海岸に流れ出ている豆腐川さえ、
画像

画像

鎌倉時代には、商船が上り下りしていたそうですから、

かつての鎌倉は、今の鎌倉の町から「建物を除いた風景」に成り立っていたのではなく、

その半分くらいは海のような風景」の上に成り立っていたのです。

目くるめく昔の風景が思い浮かぶではありませんか



公暁に斬られる数年前、実朝は、東大寺再建に従事していた宋の工人・陳和卿(ちんわけい)にそそのかされ、

大船(大きな船)を造らせますが、結局船は動かすことも出来ず、由比ヶ浜で朽ち果てたと伝えられていますが、

当時の風景の中では、実は、ありそうな話しだったような気もします。


正に 『 歌あはれ その人あはれ 実朝忌 (菅裸馬 (すが らば))』です。




ほんの少し 長尾台を訪ねただけで、

今は昔の とりとめもない鎌倉の情景が、まさに目の前に広がって行きます。


画像


変わらないのは、青い空だけなのかもしれません










記事へトラックバック / コメント


ビーチコーミングから ・・・ ぶらり 鎌倉初詣 ♪

2016/01/04 13:39
坂ノ下海岸から由比ヶ浜、材木座海岸を歩いたあと、

光明寺から、
画像
これが光明寺の誇りでもありますね。。


本覚寺を目指します。

材木座の駄菓子屋さんかなぁ? 何がアメリカなんだろう?
画像


材木座公会堂には「書道教室」と並んで「そろばん教室」の看板が!?

今もそろばんを習っている子どもたちがいるのでしょうね、きっと。
画像



書き直された文字が、ちょっと悲しい酒屋さん。
画像


鎌倉を代表するゲストハウス『亀時間』さん。

完成してすぐの頃、中を見せていただきました。(その後訪ねていませんが・・・)
画像



訪ねる人も少ない「由比若宮」。
画像



字が上手か下手かと言えば**ですが、味のある字です。
(場所は秘密)
画像



そして、本覚寺。
画像


本覚寺と言えば、にぎり福と、
画像


福娘
画像
とっても美しいお嬢さん方なのですが、わざとフィルターをかけています


お正月の「初えびす」は終わりましたが、1月10日の『本えびす』で福娘たちに、また会えますよ



本覚寺から鶴岡八幡宮へ。
画像


三が日が終わっても、しばらくは相当の混雑が続きます。

早々に鶴八を後にして、
画像


北鎌倉方向へ、てくてく てくてく ・・・

車両進入が規制されているので、とても楽しく歩けます。

長くなるので、途中は端折(はしょ)りますが、


この日のご褒美は、これです。
画像


コミック「鎌倉ものがたり」にもよく登場する「あがり羊羹」の美味しさは、

それはまさに格別   別格です



ちなみに「鎌倉ものがたり」に登場する鎌倉のお菓子と言えば、

豊島屋さんの「鳩サブレー」と和菓子の「美鈴」さん。どれも美味しいです



由比ヶ浜ビーチコーミングと合わせて、約10km。

平均的な歩幅が80cmとして、歩数は約12,500歩。


これくらいの適度な歩き方なら、気軽に歩けてオススメです



なんて言いながら、大船の手前まで、奥さまに迎えに来てもらったのも事実なのです




今年も、頑張って歩けることに 感謝です











記事へトラックバック / コメント


明けまして おめでとうございます ♪

2016/01/03 08:44
皆さま、明けましておめでとうございます。

どうか このブログをご覧いただく皆さまだけは、

無病息災、家庭平和、一攫千金、五穀豊穣、満願成就
の年となりますよう、お祈り申し上げます



今年も初詣は、まず 大船観音寺。
画像


美しいお姿です ♪
画像


東南アジア系の観音信仰厚き方々も多く、わからない言葉の乱れ飛ぶ雰囲気は独特で、

買い物目的で烏合するのとは違い、実は清々しい印象なんですね



ワイフと娘と三人だけのおせち料理の準備をしたり、
画像



家族四代集まっての、寿司パーティーを準備したりするのも いと楽し
画像





楽しいことがいっぱいで、悲しいことなどひとつもない

(まっ、それも気持ちも持ちよう、と言うか、考え方ひとつなのかもしれません・・・)


そんな良い年になりますように。


神さま、仏さま、観音さま、大仏さま、キリストさま、誰でもけっこうですので 


よろしくお願いいたします 




・・・ お願いしましたからネッ



記事へトラックバック 0 / コメント 4


<<  2016年1月のブログ記事  >> 

トップへ

まっちゃん の 鎌倉散歩生活  2016年1月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる