アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「俣野五郎」のブログ記事

みんなの「俣野五郎」ブログ


俣野別邸庭園あたり ・・・ ♪

2016/02/10 12:23
俣野五郎景久の砦跡であろうと言われている【C地点】。

そこは今は横浜市の公園として整備中(一部開園中)の俣野別邸庭園と近隣の一般住宅地となっています。

十分に広い駐車場もあり、駐車料金も格安です。
画像


不便な場所でもあり、人影は少ないのですが、ちょっと散歩するにはなかなか良いところです。
画像

画像

画像

画像

台湾リスがいっぱいいます。
画像

公園のすぐ横が藤沢バイパスの起点。

見慣れた風景だ!と思われる方も多いはず。
画像

画像


こんなところに『石橋山で頼朝勢の佐奈田与一を討った武将の砦があったのか!?』と思いながら訪ねるだけでも、じゅうぶん面白いのではないでしょうか?


公園の中は静かです。

国道一号線の渋滞の名所のような場所に隣接しているとは到底思えません。

幾度も放火の被害にあった建物が、横浜市によっていずれ再建されるのは楽しみですが、

住友一族がこの地に邸宅を建てて過ごしていたことに何の興味も湧きません。。。。


この地に俣野五郎景久が砦を築いていたということにこそ、

深い感慨を覚え、心が震えますね




長尾定景佐奈田与一俣野五郎景久シリーズはこれで終わりです。





記事へトラックバック / コメント


俣野五郎と ・・・ 長尾定景はどこが違うか ♪

2016/02/10 11:41
前回の続きなのですが、

俣野五郎景久と言えば、俣野の観音堂!と言うことで、早速行ってきました。
(前回の記事中の【B地点】です)
画像

旧ドリームランド、現在の横浜薬科大を見上げる場所が俣野五郎の砦跡といわれていますが、

ほんの二十年前頃まで、境川が氾濫する度に浸水に泣いていたこの場所が砦跡とは到底信じられません。
画像

画像

おそらくこのドリームランドの台地の上か?あるいは(前回記事中の)【C地点】であることは明らかです。


しかし、この観音堂の解説看板(大正地区歴史散歩の会)は、とてもわかりやすく的確で見事です
画像

つまり、
長尾定景は源氏に寝返ったけど、俣野五郎は決して寝返ることなく「武士としていさぎよく討死」したということなのです。

一見上手に立ち回っているようでも、結局老体に鞭打って公暁を斬ることを強要された長尾定景。

その苦しみは生き続けることの代償としては辛いものがあります。

いさぎよければそれで良いのか? 

ただ、そのいさぎよさと母へ守護仏の観音像を送るというやさしさで俣野五郎の人物像が見えるようで心地よいのは事実です。

武士というのは悲しいものです。

しかし、その強い生きざまが無ければ今の日本の文化は無かったわけで、

善くも悪しくもこれが日本人だと、日本人の魂だと言わざるを得ません。



さぁ!あとは残った【C地点】へ行かないわけにはゆきませんね







記事へトラックバック / コメント


トップへ | みんなの「俣野五郎」ブログ

まっちゃん の 鎌倉散歩生活  俣野五郎のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる