アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「写経」のブログ記事

みんなの「写経」ブログ


長谷寺 ・・・ 写経 ♪

2016/02/22 14:03
今月も写経を済ませました。

長谷寺はいつでも写経ができる貴重な場所です。

家内(書道家です)につられて(釣られて? 連れられて?)毎月通い始めたのが2002年の秋。

一緒に行くことは稀ですが、ほぼ毎月欠かしません(欠かせなくなってゆきます )。

長谷寺には数年前に新しい写経場が出来ました。

撮影は禁止されていますので、長谷寺のHPから引用した写真を・・・
画像
画像


今日は平日(月曜日)で、10時には誰もいませんでしたが、

写経を1時間弱で終える頃には、15名ほどの方が写経(写仏もあり)されていました。

手ぶらで行っても筆も墨も用意されています(料金は1,000円)。

他に入山料(300円)がかかりますが、一度写経に行けば次回の入山券が付いてきます。

境内は、極楽浄土のイメージでたくさんの花が咲いています。
画像


金魚葉椿の花が咲いていました。葉っぱはズバリ!金魚です(^^♪
画像

画像


観音堂の立派な観音像はもちろん必見なのですが、

実は【ビーチコーミングの神様】『かきがら稲荷』があるのも、わたしがこのお寺が好きな理由です
画像
画像


今日は急いでいたので(急いでいたのは家内なのですが)、早々に長谷寺を離れましたが、
画像


どうぞ、皆さまは、長谷寺を訪ねられた折には、のんびりと境内を散策してくださいね

高台から見渡す鎌倉の町と由比ヶ浜の眺望は素晴らしいし、
画像
この写真も長谷寺HPから引用


かわいいお土産や、ご利益あらたかなお守りもたくさん種類があって楽しいです


それはもう、オススメですし、

時間がありましたら、ぜひ写経をされることをお勧めいたします






記事へトラックバック / コメント


日だまりの・・・長谷寺へ ♪

2015/11/17 10:33
毎度おなじみ今月も、長谷寺へ写経に行ってきました♪
画像


画像


さて、般若心経は何文字あるのでしょうか?

書きながら数えることはないのですが、検索してみると、

本文に「摩訶般若波羅蜜多心経」という10文字の経題を含めると276文字。

経題の頭に「佛説」の二字を加えて278文字。

「摩訶」で始まり「般若心経」で終わる276文字がポピュラーな数え方とのことですが、

実際に書くのは「佛説」から「般若心経」までの278文字ですね。
画像

写真の手水舎で手を洗って?から、奥の写経場で書きますが、

さて、書き上げるのにどれくらいの時間が要かるのでしょうか?

わたしは多少馴れているので40〜50分くらいです。

時々『半日くらい居るつもりかぁ!?』くらいゆっくり書いている方もいますが、

平均的には一時間程度ではないでしょうか。


写経を終えると、境内を散歩して観音堂にお参りします。

鯉を見たり、
画像


緑や水の流れを見たり、
画像


画像


そしてこの日は、かきがら稲荷にお詣りしたあと、偶然長谷寺のO氏(総務担当重役?)に会い、
画像


しばし立ち話しのあと、新しく出来た『観音ミュージアム』へ案内(ご招待♪)いただきました♪
画像


入館してすぐ大きなスクリーンに流れるムービーは、なかなかの出来栄えで、オススメです♪

とは言え、展示されているものは以前と変わりありません。

鎌倉長谷寺は古いお寺ではあり、今は鎌倉を代表する観光スポットでもありますが、

その歴史的な由緒は、今いち霞か雲の中であり、はっきりしません。

室町時代以前の鎌倉長谷寺のことは、歴史書にもほとんど登場しません。

鎌倉源氏や北条氏に絡む伝説もお宝もありません。

でも、それが何だと言うのでしょう?


多くの参拝者を集めるための新進の姿勢こそが、今の鎌倉長谷寺の特徴ですが、

境内に花を咲かせ美しく飾ることは、極楽浄土を体現することであり、

観光客と参拝者には、実は何の区分もありません。

お寺が観光の目的地であり、学習の場であり、交流の拠点であるのは、むしろ本来あるべき姿です。


だから、わたしは鎌倉長谷寺が好きですし、その姿勢を支持します。

歴史にあぐらをかくだけより、どれほど素晴らしいことか。


画像


画像


画像


「古い」と「新しい」は、同じ意味であり、

「終わり」は「始まり」そのもので、「始まり」こそが「終わり」。

「平安」は「恐怖」でもあり、「美しさ」は「醜さ」と同じ。

正に「有る」は「無い」なのです。

画像


長谷寺は、鎌倉結界の中で、そこだけが雲の晴れ間の極楽浄土。

画像


無理に写経をオススメするわけではありませんが、

画像


この「金魚葉椿(きんぎょばつばき)」を探す散歩なら、無理にでもオススメしたいところです








記事へトラックバック / コメント


変わらないもの ・・・ ♪

2014/05/28 21:12
長谷寺には、新しい写経会場が出来て、

画像


建物や庭が変わっても、

画像



自然のみどりは変わらないし、

画像


画像



ましてや、自然を慈しみ、神仏に感謝する心は、何も変わりません。


時の流れに終点は無いのだから、その経過は永遠に経過にしか過ぎません。

ささやかな進化を除けば、実は時代は流れていないのかもしれません。


何も、何も、変わらないのです。











記事へトラックバック 0 / コメント 2


長谷からの ・・・ 鎌倉散歩 ♪

2013/05/21 13:40
4月も写経に行きましたが、いつ行ったのか忘れました

5月も写経に行きました。

この写真のおかげで日付がわかります
画像


画像


長谷寺では、写経人気にあやかって(?)もうひとつ写経堂を増築しています。

んっ  なかなか商売上手でいらっしゃる

来月にはおおぜいのアジサイ目当てのお客さんでにぎわいますが、

今はまだ少ししか咲いていません。
画像


若葉の季節、金魚葉椿が、いつもに増して輝いてます。
画像



この日は、長谷から坂之下、由比ヶ浜、材木座を散歩。

窓辺のサクラガイ。
画像


店頭(三留商店さん)のサクラガイ。
画像
鎌倉の方がサクラガイを愛する気持ちが伝わって来ます



そして、これは石渡商店さんの かなり見応えのある看板。
画像



まことに 立派です







記事へトラックバック 0 / コメント 1


春の ・・・ 写経 ♪

2013/04/01 22:52
3月30日の長谷寺です。
画像


肌寒くても、弁天堂の陽当りに救われます。
画像


画像


般若心経 ♪
画像



シャクナゲ
画像


イカリソウ
画像


すっかりお気に入りの 金魚葉椿
画像



決まった日に写経に訪れるのは、なかなか難しいものですが ・・・

長谷寺では、いつでも写経が出来ます。


広いお心に 感謝です






記事へトラックバック 0 / コメント 2


金魚葉椿や ・・・ 小泉八雲 !?

2013/02/06 19:23
の咲き始めた、2月4日の長谷寺で、
画像


月に一度の写経をしてきました。
画像


こんなに寒いのに、咲く花はたくさんあります。

万作
画像


ボケ
画像


素心蝋梅(そしんろうばい)。
画像


日本水仙
画像



ちょっと変わったところで ・・・

金魚葉椿(きんぎょはつばき)という、まさに名前の通りの椿の葉っぱ
画像
持って帰りたくなりますが、イケマセン



ところで、よく通るこの交差点。
画像


通るつど 『小泉八雲 ・・・ 小泉八雲 ・・・』とブツブツつぶやくのは、


わたしだけなのでしょうか






記事へトラックバック / コメント


1月17日 ・・・ 写経へ ♪

2013/01/21 07:33
阪神淡路大震災から18年目のこの日、

まだ雪の残る長谷寺へ写経に行きました。
画像


震災で亡くなられた方々に祈りを捧げて来ました。
画像


東北の大震災は多くは津波の被害でした。 

それと比べると阪神淡路の震災は都市型の災害だっとと言えます。

万が一大きな地震が来た時に、

18年前の教訓は活かされなかった!』ということの無いように、

心がけを忘れないようにしなければなりません。


かきがら稲荷に心を込めてお詣りをし、
画像


帰ろうとすると、節分会のお知らせが目に入りました。
画像
今年の節分は日曜日なんですね



去年の節分会は楽しかった ・・・・










記事へトラックバック / コメント


長谷寺写経も ・・・ 十年目 ♪

2012/12/14 13:30
いつから長谷寺へ写経に通いだしたのか

実は正確には記憶していません

でも、自分のブログの一番最初のを見ると、

2005年の9月に三年目と言ってますから、始めたのは2002年 ・・・

今年が十年目だったようです

(ちなみに家内はわたしより三年ほど前からで、長谷寺へ写経に来る人の中では一番古いそうな。)

ほぼ月に一度ですが、実は、行けなかった月もあります

逆に月に二度行ったこともありますが、ほんの数回です



とはいえ、今月も行って来ました。
画像


おやっ 中央の木のうえに何かいます
画像

・・・ と思ったら、アオサギくんでした。

アオサギって、鎌倉あたりではここ数年でずいぶん増えたように感じますが、

気のせいなのかな



写経は、般若心経を写します。
画像

写真ではよくわかりませんが、ちゃんと筆で書いていますよ

だいたい1時間半くらいかかります。

今回初めて写経中に、若いお坊さん三人が弁天堂に入ってきてお経をあげてくれました。

これまでこんな場面に出会ったことがなかったので、

『こりゃぁ、運が良い兆しかなっ 』なんて、勝手に解釈したりして ・・・・



写経を終えると、観音堂の大きな観音様にお参りをし、境内の花の様子などを楽しみます。

今はもう12月も半ば、紅葉の季節も終わろうとしていました。
画像

画像



ハクモクレンも冬の暖かな陽射しを浴びて、ひそかに春に備えています。
画像



このあと、坂ノ下の海岸へ出て、滑川までひと往復ビーチコーミングを楽しんで、

三郎丸さんのしらす(釜揚げしらすと生しらす)を買って帰りました


そう言えば、鎌倉しらすは来月から3月まで禁漁期に入りますね


残念ですけど、こればかりは我慢しなければなりません






記事へトラックバック 0 / コメント 2


『弘法筆を選ばず 』 とは ? ・・・ 写経のすすめ ♪

2012/11/05 19:18
長谷寺へ写経に行って来ました。
画像
さあ、写経


硯も筆もみんな用意されていてとても助かるんですが、

筆は再使用していますので、当たり外れがあります

この日わたしが座った席に用意されていた筆は、手に取った瞬間から先が広がっていて、いわゆるハズレ

実はこういうことはよくあるんです。

以前は、違う筆に取り換えたりしたんですが、取り換えた筆がまたハズレだったり ・・・

この日もわたしは筆を取り換えませんでした。

そして、字を書き進めながら考えたんです。

使いにくい筆にも、どこか良いところがあるに違いない。

 今日この筆なのは縁あってのことなんだ 』って。

で、筆をくるっと回したりしながら頑張って書いて行きました。


するといつの間にか半分くらい書き進んでいて、使い方次第ではなかなかであることが判ってきます。

そこで 『弘法筆を選ばず』 という言葉が浮かんできました。

弘法筆を選ばず』とは、本当の名人は、道具の善し悪しなど問題にしないというたとえ。 と、ことわざ辞典にも書かれています。

でも、ちょっと違って ・・・

どんな筆にもそれなりに良い点があり、その筆の良さを引き出すことの方がより大切なこと 』という意味なのかも知れません

そんなことを思いながら、掲諦掲諦(ぎゃーてーぎゃーてー)波羅掲諦(はらぎゃーてー)とまで書き進んだ頃、

実は意に添って流れるように書いていることに気付いたのです。


つまり道具の良し悪しの問題ではなく良い点を見出して育ててやることの大切さを弘法大師は教えてくれているのではないでしょうか

そんな気がしたのです。

画像


画像


画像
冬桜


画像
オキザリス


画像
ホトトギス


画像
下野(しもつけ)とトンボ



暖かな陽射しに包まれた長谷寺は、静かに写経をするにはとっても適した場所です






記事へトラックバック 0 / コメント 2


緑に包まれた長谷寺の ・・・ 謎 !?

2012/05/07 19:37
GWは終わりましたが、

長谷寺の、緑と居心地の良い空気に包まれた中で写経を楽しんで来ました。
画像



良縁地蔵。
画像



観音堂。
画像



海光庵前。
画像



沢瀉(おもだか)の花。
画像



さて、水子地蔵の地蔵堂裏にたくさん並んだお地蔵様。

よく見ると、皆さんお顔が違います。
画像


アレレッ 

まるでダースベーダー卿のような方も






記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


タイトル 日 時
長谷寺で ・・・ 写経 ♪
長谷寺で ・・・ 写経 ♪ 今日(1月5日)までお正月休みでしたので、 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/01/05 18:35
長谷寺の ・・・ 十月桜やホトトギス ♪
長谷寺の ・・・ 十月桜やホトトギス ♪ 長谷寺の、新しくなった弁天堂で、 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/10/23 17:40
長谷 ・・・ 界隈 ♪
長谷 ・・・ 界隈 ♪ こんな写経セット(?)を持って、写経に行ってきました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 18

2010/08/14 19:43
夏の花 ・・・ 長谷寺から妙本寺へ ♪
夏の花 ・・・ 長谷寺から妙本寺へ ♪ 7月の写経へ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2010/07/24 20:28
6月の ・・・ 写経 ♪
6月の ・・・ 写経 ♪ 6月の写経で、 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/07/01 06:33
長谷寺の ・・・ 苔(こけ) ♪
長谷寺の ・・・ 苔(こけ) ♪ 朝の8時、開門と同時に長谷寺を訪ねました。 空がきれいです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/05/25 21:48
春の ・・・ 長谷寺 ♪
春の ・・・ 長谷寺 ♪ ゴールデンウィークになって、やっと春を実感できたような気がします。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/04/30 11:25
ハクモクレン ・・・ 開く ♪
ハクモクレン ・・・ 開く ♪ 長谷寺では、 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2010/03/08 11:19
晴耕雨読 ・・・ ♪
晴耕雨読 ・・・ ♪ 雨の日の写経へ、 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2010/02/27 20:48
年末の ・・・ 長谷散歩 ♪
年末の ・・・ 長谷散歩 ♪ 朝の長谷寺へ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/12/31 14:21
写経の ・・・ コツ !?
写経の ・・・ コツ !? 今月も無事に写経を終えることができました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/29 18:13
写経の ・・・ 愉しみ ♪
写経の ・・・ 愉しみ ♪ 収玄寺の向かいの駐車場に車を停めて、 収玄寺の緋ネム ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/09/27 16:01
長谷寺から ・・・ 光則寺 !
長谷寺から ・・・ 光則寺 ! 長谷寺・本堂前のサルスベリ。 堂々としてます ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2009/08/21 14:28
7月を迎えて ・・・
7月を迎えて ・・・ 今年も、半分が終わって、後半戦(?)に突入しているのですね・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/07/11 16:37
写経の ・・・ ススメ ♪
写経の ・・・ ススメ ♪ こんな風に、なぞってゆくだけですので、 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/06/11 23:04
長谷 ・・・ 界隈 ♪
長谷 ・・・ 界隈 ♪ 休みの日が雨というのは、ややつらいですが ・・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2009/05/24 11:16
好夢 ・・・ 写経へ ♪
好夢 ・・・ 写経へ ♪ すがすがしい季節  なにをお願いしたのかな ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/04/29 18:47
写経のススメと ・・・ モモの開花 ♪
写経のススメと ・・・ モモの開花 ♪ 写経に行きました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2009/03/30 18:02
雨の日の ・・・ 写経へ ♪
雨の日の ・・・ 写経へ ♪ すっかり雨な一日で ・・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2009/01/30 18:14
年の瀬の ・・・ 写経へ ♪
年の瀬の ・・・ 写経へ ♪ 今年最後の写経へ行ってきました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2008/12/23 15:30
ヒメツルソバ ・・・ ♪
ヒメツルソバ ・・・ ♪ 長谷寺を訪ねたのですが ・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/26 21:26
観音さまへの ・・・ お礼 !?
観音さまへの ・・・ お礼 !? 長谷寺に、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/13 13:16
写経 ・・・
写経 ・・・ 長谷寺へ写経に行ってきました。 境内で見かけた彼岸花です ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/09/24 21:12
写経 ・・・ 弁天堂への道 !?
写経 ・・・ 弁天堂への道 !? 長谷寺へ、写経に行ってきました ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/07/30 20:33
桜の ・・・ 様子 ♪
桜の ・・・ 様子 ♪ 長谷寺へ写経に行きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2007/03/23 15:02
長谷寺にて ・・・
長谷寺にて ・・・ 長谷寺で写経をして来ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2006/09/04 00:01
写経の ・・・ ススメ !
写経の ・・・ ススメ ! ここ一年くらいででも ・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/08 13:23
写経人気 ・・・ 紹介記事・続々!
写経人気 ・・・ 紹介記事・続々! まず、神奈川新聞の5月8日付け朝刊です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/05/09 00:01
写経も ・・・ 女性に人気 ・・ ?
写経も ・・・ 女性に人気 ・・ ? 今月も、早速、長谷寺へ写経に行ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/05/02 00:01
春を待つ ・・・・ 長谷寺
春を待つ ・・・・ 長谷寺 好天に恵まれた休日・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/29 07:39
長谷の写経で・・・・年納め
長谷の写経で・・・・年納め 大晦日の朝から、長谷寺へ行き、写経をして来ました。 冷たい風が吹いていましたが、陽射しはポカポカ・・・。 最初は手がかじかんでいましたが、しばらくすると背中が暑いくらいに・・・。 弁天堂の中が少し変わっていました。 弁天様が新しくなっているんです。 だれもいなかったので、間近でまじまじと観察しました。 ちょっと不思議なんです。 何を意味するのか?しばらく悩みそうです。 お正月らしく鏡餅も置かれていました。 鏡餅は「力餅屋」のもの のようです(そう書かれています)。 あまり... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/31 12:40
長谷寺で写経をさせて頂いてます
長谷寺で写経をさせて頂いてます 長谷寺へ写経に行きました。 毎月一度必ず訪ねています。 私は、般若心経を書き写すことにどういう意味があるのか、実は よく知りません。 家内は書道家で数人に趣味の範疇で教えてもいますが、私は素人で、 今も習ってはいません。 でも、写経はなぜか気に入っていて、今はもうやめられないんです。 それは、特別な宗教色というのでなく、どんな宗派にも共通するような 心の安らぎというか、ちょっと落ち着いて何が良いことか考えなさいと 教えられているような、どこから見ても基本の基本のような気がして... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2005/10/09 14:31
長谷寺が原点
長谷寺が原点 私の鎌倉散歩生活の原点は、実は長谷寺です。 もともと鎌倉は好きではあったけど、それ以上ではなかった。 しかし、家内が5・6年前から長谷寺へ写経に行くようになり、 3年近く前に家内と一緒に写経に行ったのが始まり・・・。 写経って、ご存知でしょうが、般若心経を筆で書くんですけど、 紙の裏側にさかさまに印刷がされてて、それをなぞってゆく(?) んです。難しくはないです。 一度行ったら病み付きになって、なぜかというと写経の後の 「何か良いことをした」すがすがしさというか、心が洗われる... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/05 22:23
写経もできる報国寺
写経もできる報国寺 竹の寺として有名な報国寺ですが、今日訪ねたら「写経ができます」とのこと。 聞いてみると、毎月第一日曜日(だけ)写経会があるようです。 時間帯で受けているようなので、みんな一斉にというわけではないようです。 私は、毎月大安の休日に長谷寺へ写経に行っていますが、なかなか場所を 変えるのって勇気がいりますよネ? (材木座の光明寺も写経ができるお寺です。まだまだ他にもあるのでしょうか?) 報国寺の竹林へ行かれたら(プラス500円で)抹茶を愉しまれることをお勧め します。静かな竹林に向かっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/02 12:11
鎌倉散歩生活
鎌倉散歩生活 鎌倉に程近い横浜市内に住み、休日には、鎌倉散歩を楽しみにしており、鎌倉の歴史書を乱読中です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/21 08:40

トップへ | みんなの「写経」ブログ

まっちゃん の 鎌倉散歩生活  写経のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる