アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「石橋山」のブログ記事

みんなの「石橋山」ブログ


佐奈田与一を討ったのは誰れ ・・・ ♪

2016/02/09 12:26
久しぶりに石橋山を訪ねてみました。
画像

相模湾をはさんで 江ノ島鎌倉方向がきれいに望めます。
画像

ちなみに、横浜ランドマークタワーも望めます ♪
画像


先日、佐奈田与一を討ったのは長尾台の長尾定景!という記事を書きましたが、実は、ここ石橋山の佐奈田霊社の与一塚まわりの看板には、長尾定景の名前はどこにも書かれていません
画像

画像

画像

それどころか、与一を討ったのは俣野五郎だと書かれています 


これはどういうことかというと、

平家方の大庭景親の大軍のなかに、俣野五郎景久の勢73騎がいて(佐奈田与一勢は15騎)、

その中に長尾為景(新五)・定景(新六)の兄弟がいたんですよ。

で、真っ暗闇のなかで俣野五郎と佐奈田与一が取っ組み合いになって、

このとき与一は鞘の中の刀が血まみれで抜けなかったとか、痰が絡んで助けを呼べなかったとかしているうちに、

長尾為景・定景の兄弟が襲いかかり『ここぞ!』とばかりに、俣野五郎を助けて(長尾定景(新六)が)与一を討ち取ったということらしいです。
(『源平盛衰記』による)

画像

そんなせいで、ここ佐奈田霊社は、「ぜんそく・せき・のどに良い」そうな。



それにしても、長尾定景の砦は大船駅近くの長尾台【A地点】にあって、

俣野五郎の砦は 旧ドリームランドの坂下・境川のたもとにある俣野観音堂の近く【B地点】にあったと言いますから、
(藤沢バイパス入口の西側の台地【C地点】とも言われています)

これは、まさに隣組・隣人のようなもので、ともに助け合って戦ったというのは良い話しではないですか





ちなみに、わたしの家は、この3つ地点の中ほどの台地にあり、

そんなせいもあって、妙に親しみを覚えるというわけなのです






※ 与一塚まわりの看板に長尾定景の名前はありませんでしたが、「新五新六」の名はありました。

 




記事へトラックバック / コメント


トップへ | みんなの「石橋山」ブログ

まっちゃん の 鎌倉散歩生活  石橋山のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる